古希のギフト、迷ったならこちら

古稀というのは数え年で70歳を祝う長寿のお祝いの一つです。最近では還暦を迎えた方でもまだまだ現役で働いている方も多くいらっしゃるため、実質古稀が昔の還暦祝いにあたるといわれるほどです。 では、古稀を迎えた方に送るギフトは何がよいのでしょう?ランキング形式で見てみましょう。 1位 詩 最近は古稀を迎えた方の名前を取り、詩を創作するサービスが人気を呼んでいます。完成した誌は和紙に描かれ、ふくろうや招き猫などの絵と一緒に額縁に飾られます。世界にたった一つだけの詩であるということと、素朴なデザインであることから多くの方に喜ばれています。 2位 メモリーズ・クレイ メモリーズ・クレイとは顔をかたどったオーダーメイドの人形のことです。写真一枚から作成できるので、お手軽なのもよいところです。お一人だけでなく、ご夫婦やお孫さんと一緒のスタイルにも出来ます。戸棚やTVの上に飾っておくことで、いつまでも記憶に残る良いプレゼントになるでしょう。 3位 カタログギフト 最近はお年寄りになってもまだまだ元気な方が多いですから、カタログギフトを送ってご夫婦や仲の良い友人と楽しんでもらってもよいでしょう。世界の有名グルメから旅行まで、様々なものを取り扱っていますから、何を送るか迷ったときにもオススメです。 以上、古稀のギフトにオススメの三点でした! 参考URL https://kaumo.jp/topic/243 カタログギフトで悩んだら https://kaumo.jp/topic/58044

【タンチョウ】

003 タンチョウ(丹頂、Grus japonensis)は、ツル目 ツル科 ツル属に分類されるツル。 その美しさから、中国や日本では古来深く親しまれてきた鳥です。 湿原、湖沼、河川などに生息します。冬季には家族群もしくは家族群が合流した群れを形成します。オスが長く1回鳴いたあとに、メスが短く2-3回鳴くことを繰り返し、これにより縄張りを主張したりペアを維持するのに役立つと考えられています。日本の個体群と大陸産の個体群は鳴き交わしに差異があります。 食性は雑食で、昆虫、甲殻類、貝類、魚類、カエル、植物の茎、種子などを食べます。繁殖形態は卵生。繁殖期に1-7平方キロメートルの縄張りを形成します。 湿原(北海道の個体群は塩性湿原で繁殖した例もあり)や浅瀬に草や木の枝などを積み上げた直径150センチメートル、高さ30センチメートルに達する皿状の巣を作り、日本では3-5月に1-2個の卵を産みます。雌雄交代で抱卵し、抱卵期間は31-36日。 雛は孵化してから約100日で飛翔できるようになります。